文字サイズ

矢野監督、ドラ1・佐藤輝のポジションは「外野で」 「熱血!タイガース党」で語る

 阪神の矢野監督がサンテレビの「熱血!タイガース党」に出演し、今季の戦いを振り返った。6月は開幕ダッシュに失敗。負けが続き「今日も負けちゃうんじゃないかとよぎったこともあった」と正直に吐露した。

 今季も大きく負け越した巨人との差は球際の強さと語った。来季に向けて「ジャイアンツに勝てないと上にはいけない。もっともっと意識していく」とリベンジを誓った。

 野手では特に大山、近本の名前を挙げて評価。エースとして投手陣を引っ張った西勇について「頼もしかった」と改めてたたえた。

 今季は中継ぎも経験した藤浪については「まずは先発からスタートさせる」と改めて明言。クローザーの可能性もゼロではないとしたが、まずは先発で調整させる考えだ。

 番組後半にはドラフト1位・佐藤輝についての話題に。「ポジションは?」という質問に「外野で考えています」と即答した。

 大学では主に三塁を守っていたが、大山と比較し「プロ1年目で何も数字を残していない選手でそれは(大山を違うポジションは)ない」とばっさり。「大山の守備力、打撃を越えて奪い取ればいい」とプロ入り後の競争に期待した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス