文字サイズ

【阪神新人紹介】ドラフト5位・村上頌樹【2】

 10月のドラフト会議で阪神から指名を受けた9選手の連載をお届けする。第5回はドラフト5位・村上頌樹(22)=東洋大。プロへの扉を開くまでの道のりを振り返る。

  ◇  ◇

 高校3年春に智弁学園のエースとして選抜甲子園大会で優勝。プロからの注目も集めたが、東洋大へ進学した。1年春のリーグ戦からベンチ入りし、新人賞を獲得。順風満帆な野球人生が待っていると思っていた。

 ただ、壁にぶち当たる。「自分も全く分からなくなった」と2年時には故障もあり、リーグ戦未勝利。「自分の配球を一番知っているのは誰やろ?」。勝てない原因を探していた。

 悩む右腕は一人の同級生に助けを求めた。高校時代にバッテリーを組み、「一番投げやすいキャッチャー」と話す岡沢智基捕手(現大商大)だ。

 「配球どうやって考えてた?」

 節目節目で連絡を取るという二人。この相談が村上の投球を変え、3年春のリーグ戦では6勝をマークしてMVPを獲得した。

 「特徴はコントロールだと言われて。大学入った当初は真っすぐばかり投げていたんですけど、みんな真っすぐに意識があるんで、それを見せ球にして変化球を投げろと言われましたね」

 村上のことを知り尽くす岡沢にしかできないアドバイスだった。「一番変化したのは、高校時代ずっと智基に配球を考えてもらってたんですけど、それを自分でも考えるようになりましたね」。元女房役の助言が転機になった。

 岡沢は「スピードは確実に上がってると思いますし、体つきも変わった」と村上の成長を語る。「普通にやればそこそこ上に行けるピッチャーだと思う」とプロ入り後の活躍まで予言した。

 社会人野球を経て、プロ入りを目指す岡沢。「ピッチャーの生命線だと思うので、けがだけには気をつけて。ヘボピッチャーなりに頑張れ」と“愛”のあるメッセージを送った。

 村上が一足先にプロの扉を開いた。小学生の頃から夢見たプロ野球の舞台。高校時代は智弁学園を初の甲子園優勝に導いた。次はタイガースを日本一へ導いてみせる。

 ◆村上 頌樹(むらかみ・しょうき)1998年6月25日生まれ、22歳。兵庫県南あわじ市出身。174センチ、75キロ。右投げ左打ち。投手。兄の影響で年長からキャッチボールを始める。小学1年からは賀集少年野球クラブ、南淡中ではアイランドホークスに所属。智弁学園では1年夏からベンチ入り。高3のセンバツで優勝した。東洋大でも1年からベンチ入り。同年春のリーグ戦で新人賞を獲得。3年春のリーグ戦では6勝をマークし、MVPも獲得した。憧れの選手は藤川球児。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス