文字サイズ

阪神3位・佐藤蓮、出すぞ160キロ “大学4年デビュー”の遅咲き、憧れは藤浪

 「プロ野球ドラフト会議」(26日、都内ホテル)

 阪神からドラフト3位指名された佐藤蓮投手(22)=上武大=は、夢の160キロを投げると誓った。憧れの聖地で秘めた才能を開花させる。

 会見場からグラウンドに移動した佐藤は、仲間からの「虎の顔して!」のリクエストに応え、迫力ある顔を作りカメラのフラッシュを浴びた。最速155キロ右腕は「大学時代は160キロを目指してやってきた。その目標をプロでかなえたい」と意気込んだ。

 大学1年冬に右肘を手術。懸命のリハビリと球数管理でケガを克服し、4年秋にリーグ戦デビューを果たした。「自分はこれまで結果を残してきた選手じゃないので、3位という評価にびっくりしています」と目を丸くした。

 話を聞いてみたい選手に藤浪の名前を挙げて「どういうトレーニングをされているのか。フィジカル面を聞いてみたい」と興味津々。今季162キロを計測した右腕は憧れの存在だ。

 「1球1球に思いが強い選手が多い」と阪神のイメージを口にした佐藤。高校時代は甲子園とは無縁だっただけに「早く投げてみたい」と胸を高鳴らせた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス