文字サイズ

阪神・サンズが侮辱行為で来日初の退場 見逃し三振で球審に怒りあらわ

8回、判定に納得がいかず嶋田球審に詰めより声を荒げるサンズ(撮影・飯室逸平)
3枚

 「巨人-阪神」(24日、東京ドーム)

 阪神のジェリー・サンズ外野手が、来日初の退場処分を受けた。

 八回2死走者なしの場面。巨人・鍵谷が投じた外角低めの直球を見送り、見逃し三振の判定。その瞬間、ヘルメットを叩きつけて嶋田球審に詰め寄り猛抗議した。この行為が球審への侮辱行為と見なされて退場となった。

 阪神選手の危険球以外の退場は、2018年4月12日の広島戦でメッセンジャーが退場して以来、2年ぶり。陽気な助っ人も厳しい判定に我慢できなかったようだ。

 サンズは四回の第2打席でも外角いっぱいの直球を見逃して三振。その際も球審の判定に怒りをにじませていた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス