文字サイズ

阪神 甲子園8戦連続弾!近本、先制8号2ランで18年ぶりの連鎖

 3回、右中間へ先制2ランを放つ近本
3枚

 「阪神6-3DeNA」(22日、甲子園球場)

 大きな弧を描いた白球の行方を最後まで目で追った。歓声を上げて待ち受ける虎党の元へ届いたのを確認し、阪神・近本が淡々とダイヤモンドを一周した。先制の8号2ラン。センターの守備に就いてもスタンドから注がれる鳴りやまない拍手に帽子を取って応えた。

 豪快な一撃は三回だった。2死から高橋がチーム初安打となる右前打で出塁。打席をつないでくれた。坂本が1ボールから投じた2球目、低めのスライダーを強振。高々と舞い上がった打球は右中間席に到達する先制弾となった。

 「遥人(高橋)が打って塁に出てくれたので、自分も続きたいと思っていました。コンパクトにスイングすることができましたし、先制することができてよかったです」

 試合の主導権を握った一発。これで甲子園ではチームとして8試合連続アーチとなり、02年9月以来、18年ぶりの連鎖となった。

 8試合連続安打と打撃は好調だ。1点を追う六回には、二塁への内野安打で出塁。その後、糸井が放った左前打で二塁から同点の本塁を駆け抜けた。

 小柄ながらパンチ力を秘める。9月は20試合で5本塁打とアーチを量産している。昨シーズンの9本塁打まであと1とし、初の2桁も見えてきたが、本塁打へのこだわりはない。開幕前に「ホームランを打てると思ってしまうと、僕のバッティングでは難しいと思う。あまり意識せず。(背番号と同じ)5本というのを狙っていきたいですね」と話していたが、アベレージを残しつつ、長打力も身に付けてきた。

 首位を独走する宿敵・巨人の背中をつかまえるには勝ち続けるしかない。勝利のカギを握るのは近本のバット。虎の切り込み隊長が道を切り開いていく。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス