文字サイズ

阪神・望月がまた無失点投球 6試合目の登板も得点許さず

 6回、好リリーフをみせる望月(撮影・飯室逸平)
 6回、中島の打球を好捕した近本(左)を迎える望月(撮影・高部洋祐)
 力投する望月(撮影・高部洋祐)
3枚

 「阪神-巨人」(4日、甲子園球場)

 3点ビハインドの六回から登板した阪神・望月惇志投手が2回無安打無失点と、安定感抜群の投球を披露した。

 六回、先頭の岡本を二飛に仕留めるなど三者凡退で切り上げた。作った攻撃への流れ。直後にサンズが2ランを放ち、1点差に詰め寄った。

 2イニング目となった七回も圧巻の投球。先頭の代打・松原を一ゴロ、続く大城は二飛に。最後は菅野を見逃し三振に仕留めた。

 6月30日に1軍昇格を果たし、これで今季6試合、9回1/3を投げていまだに得点を許していない。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス