文字サイズ

阪神・矢野監督、ボーアに賛辞「ホームランは大きい」4番・大山には「内容もすごくある」

3回、ボーア(手前)が満塁弾を放ちベンチで歓喜する矢野監督(中央)ら(撮影・立川洋一郎)
2枚

 「広島3-8阪神」(5日、マツダスタジアム)

 阪神が今季初の連勝を飾った。矢野監督はボーアの満塁本塁打に「ホームランは今日の展開でもそうやけどやっぱり大きい。しかも満塁ホームランでね」と賛辞を送った。

 虎将はマルテに代わり「4番三塁」で出場し、2試合連発を放った大山も評価。「内容もすごくある。なかなか使うチャンスがなくて、悔しい思いもしていると思う。楽しみ」と期待を込め、4番起用については「4番においても遜色ない。去年も4番の経験あるんでね」と説明した。

 先発・西勇も3戦目で初勝利。「球数が増えてからも9連戦なんで、粘ってちょっとでも長く投げてくれたのは助かったし、西らしさは随所に出してくれた」とうなずいた。

 

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス