文字サイズ

阪神・近本 中犠飛、2点適時打で四回までに3打点

2回、追加点を奪う犠飛を放つ阪神・近本(撮影・飯室逸平)
2枚

 「広島-阪神」(4日、マツダスタジアム)

 阪神は近本光司外野手の犠飛で追加点を奪った。

 2点リードの二回。1死から木浪が中越え二塁打で出塁した。続く岩貞が送りバントを試みると、大瀬良は三塁に送球したが、判定はセーフ。(記録は犠打野選)。1死一、三塁となり、近本が中堅へ飛球を放ち、三走・木浪がタッチアップ。目の前のチャンスを生かし、追加点をもぎ取った。

 3点リードの四回には先頭のサンズが中前打で出塁すると、続く梅野は左翼線を破る二塁打でつないだ。無死二、三塁。木浪、岩貞は連続空振り三振に仕留められたが、1番・近本が再びチャンスをものにした。

 1ストライクからの2球目、大瀬良が投じた内角寄り150キロ直球を捉えた。打球は右前へ。その間に二走・梅野も生還して2点を追加した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス