文字サイズ

阪神、打線入れ替えも快音響かず 左腕・今永対策も7回までわずか3安打

4回、空振り三振に倒れる阪神・大山(撮影・金田祐二)
3枚

 「DeNA-阪神」(26日、横浜スタジアム)

 阪神打線がうまくかみ合わない。

 この日はDeNAの先発・今永の対左投手対策として、ボーアや糸井がスタメンから外れ、2番に北條、3番に大山、6番に上本、7番に陽川と右打者を中心に大幅に入れ替えた。

 しかし、三回まではパーフェクトに抑えられ、迎えた四回。先頭の近本が右前打を放ち初めてのランナーを出したが、続く北條がバスター失敗。大山も空振り三振に倒れ、4番・マルテが内野安打で何とかつなぐも、続く福留は三邪飛に終わり、チャンスをものにできなかった。今永に対し、七回まで3安打、7三振と沈黙している。

 先発の西勇が1失点で力投を続けているが、またしても打線が援護できない苦しい状態が続いている。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス