文字サイズ

阪神・秋山が七回途中3安打無失点の好投 岩崎も好救援

ヤクルト打線に立ち向かう秋山(撮影・堀内翔)
3枚

 「ヤクルト-阪神」(25日、神宮球場)

 今季初先発となった秋山拓巳投手は、6回0/3を投げて6安打無失点。七回、無死一、二塁のピンチを背負ったが、岩崎の好救援で脱した。

 前夜は先発のガンケルが早々と降板し、カード1勝1敗で迎えた第3戦。初回から躍動感のある投球でヤクルト打線を封じる。初回、二回と三者凡退で抑えると、三回、先頭のエスコバーに中前打を浴びる。それでも続く古賀を遊ゴロ併殺に抑えるなど、ピンチを作らない。

 ヤクルトの先発は高梨。同級生の投手戦が続く中、打線の援護に恵まれない。粘りの投球を続けたが、七回だ。先頭の青木に一、二塁間を破られると、続く村上の打ち取った打球が不運にも左前に落ちる。無死一、二塁のピンチを招いたところで、矢野監督は岩崎にスイッチを決断した。

 ここで救援した岩崎が、上田の犠打で1死一、三塁とする。それでも代打・荒木を三邪飛に斬ると、最後はエスコバーがセーフティーバントを試みるが、三ゴロとなってピンチを切り抜けた。

 好救援で流れを呼び込み、梅野の勝ち越しソロにつなげた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス