文字サイズ

阪神・岩田、1型糖尿病対策でクラウドファンディング呼びかけ「治る希望を」

阪神・岩田が呼び掛けたクラウドファンディングに応じるとプレゼントされる「デオファクターグリーン」(高橋練染株式会社提供)
2枚

 1型糖尿病と闘いながら、現役を続ける阪神の岩田稔投手(36)が18日、支援団体「日本IDDMネットワーク」を通じて、根治に向けた研究基金を募るクラウドファンディング(https://a-port.asahi.com/projects/japaniddmnetwork2020/)への協力を呼び掛けた。

 サイト内で岩田は、「新型ウイルスに感染した場合、1型糖尿病患者の重傷化リスクが高いと言われており、まだ小さな子供までが命の危機に直面しています」と説明。

 その上で「そんな子供たちに治る希望を届けるため、治療の研究資金集めを目的としたクラウドファンディングを実施しています。皆さま、ご協力のほどよろしくお願いします」と呼び掛けている。

 今回、クラウドファンディング協力者には20人限定で、阪神園芸から発売されている「デオファクターグリーン」がプレゼントされる。

 同商品は、高濃度天然ミネラルを主成分とした無色無臭透明の制菌加工液をフェイクグリーンに吹付塗布加工したもの。抗ウイルス、制菌、消臭、防菌加工を持続的に発揮するとされる。

 これは高橋練染株式会社(https://www.takaren.co.jp/)が持つ技術で、その他にも生地加工を施したり、屋内に対して除菌吹付施工するなど、さまざまな場面に使用できるという。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス