文字サイズ

阪神新型コロナ会見全文(2)藤浪「実名を報道して下さい」初期症状を分かる機会に

 阪神の揚塩健治球団社長(59)が27日、兵庫・西宮市の室内練習場で緊急会見を開いた。

 藤浪晋太郎投手(25)、伊藤隼太外野手(30)、長坂拳弥捕手(25)が前日26日、PCR検査を受け、新型コロナウイルスの陽性判定が確定したことを公表。14日に藤浪ら参加した食事会について伊藤隼、長坂の2人以外にも、新たに4人が参加していたことを明かし、同時に全選手に外出および外食の禁止令を通達した。

 以下は会見全文(その2)。

 -熱、せきもけん怠感もない中で難しかったのでは。

 「元々、嗅覚、いわゆるコーヒーのにおいがしないとか、彼がそういうことでトレーナーに報告してくれました。その中でトレーナーからの紹介で耳鼻咽喉科に行ったと。ある意味、勇気を持って球団にも報告してくれて、われわれも医院を紹介して情報を共有したというのが今回です。彼はその時点でコロナの感染を疑ったわけではございません。あくまでも鼻炎であったり、アレルギー性であったり、そういったものかなということで、その原因を突き止めたいということで病院を3つ受診したということです」

 (続けて)

 「PCR検査を受けるということを発表するにあたって、われわれも藤浪くんに相談をしましたら、実名を報道して下さいと。それは今まで情報になかった嗅覚、味覚の異常というものに対しても万が一、そういうことが起こるということを多くのファンの方、多くのみなさんにこういう初期症状もあるということを分かっていただく機会にもなるんじゃないかということを彼も言いまして、『実名でこういう症状で検査を受けるということを言っていただいて結構です』ということでした」

 -陽性になった3人は直接会っていないと思うが、電話で話した感じとして、どのような気持ちとお聞きしているか。

 「3名ですか。すいません、直接私は話をしておりません。報告で聞いておりますのはみんな健康に過ごしている、と。あとは保健所の指示を待っているというところです」

 -発覚の経緯のところで振り返ってもらいたい。今回他チームでは外出禁止の内規を定めているところもあった。阪神は自主性に任せていた部分もある。そういった中でこういう事態が起きたことはどう捉えているか。

 「結果的にこのように感染者が出たということに対しては、今から思えば、もう少し厳しく外出禁止というふうな形で臨んでいた方が良かったのかなという反省もございます。ただ、言い訳ではございませんが、3月12日の提言書、NPB、Jリーグ、専門家のチームの方々からの提言書の中には、3月12日の時点で、外出については人混みを避けるように、と。そして人混みに出るときにはマスクをしなさい、ということが選手への対策と書いておりましたので、それにのっとって外出禁止とまではせずにあくまでも自粛しなさい、不要不急の外出は自粛しなさい、そして出る場合には人混みをさける、マスクをするというふうな指導をして参りました。また先ほど言いましたように、結果的にこのようになりましたので、大変申し訳なく思っております」

 -今後のチームの方針だが昨日の段階では1週間の自宅待機。3人が陽性になったことを受け、今後どのような指示を。

 「状況によって判断していきたいと思っております。状況によっては、この1週間が延びるかもしれませんし、そのへんは保健所の方、地域アドバイザー、そしてお医者さん、いろんな方のお知恵も借りながら善処していきたいと思っております」

 -今後3人だけでなく新たな感染者が出てくる可能性もある。そこに向けては。

 「それは早急に、選手、スタッフ、関係者の行動履歴というものを、3人の行動履歴をすでにこちらは把握しておりますので、保健所に提出しておりまして、いわゆる濃厚接触者の判定は保健所の方がされますので、その者についてはできるだけ早く対応していきたいと思っております」

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス