阪神 大山よ、気持ち悪く打て!矢野監督が不振の大砲に30分密着指導

2020/02/26

 大山(中央)に指導する矢野監督(右、左は新井コーチ)

 「阪神春季キャンプ」(25日、宜野座) 関連ニュース 阪神が東北の金の卵を指名できなかった理由…ドラフトに絡む人間関係  阪神の矢野燿大監督(51)が25日、大山悠輔内野手(25)に約30分間もの直接指導を行った。異例の長時間にわたる“愛のレッスン”の中で、ミートポイントのズレを指摘。捕手目線での考えを伝え、一つの案として、打撃練習から実戦を想定した「気持ち悪く」打つ方法も伝授した。

 キャンプも残り2日。矢野監督はオープン戦が本格化する前に、不調の大山の元へ歩み寄った。約10分間、身ぶり手ぶりを交えてアドバイス。その後はロングティーにも密着した。「気づいたことを伝えた」。一人の選手への直接指導としては異例の30分に及んだ。

 大山は今年の実戦で38打数7安打の打率・184。指揮官が指摘したのは、以前から気になっていたミートポイントのズレだった。

 大山は前でさばいて長打が打てるところが長所。ただ、タイミングを崩された時にはもろさもある。「試合になったら相手も打たせないようにしてくる。そこにズレは絶対出てくる」。簡単に打ち取られるケースを減らす方法として、捕手目線でアドバイスを送った。

 「キャッチャーから見て『大山にはこうされたら嫌』という部分は、もっと引き込んで打つ形。ポイントが前で打つというのはいい部分でもあるけど、打てるゾーンの幅を作ることが必要じゃないか、という話をしていた」。大山には差し込まれても打ち返すパワーが備わっている。打つポイントを今より体寄りに置くことを、ズレ解消のヒントとして伝えた。

 練習法として提案したのは「気持ち悪く」打つこと。「実戦で相手は打たさないようにしてくる。練習やから、気持ち悪く、気持ちよく打たないというか、そういう部分も必要かな。いろんな打者もそういう練習方法をしているのは、現役時代も見ていたし」。タイミングの取り方をあえて遅らせるなど、実戦をイメージしたスイングの重要性を説いた。

 大山はフリー打撃の映像を確認していないため「どういう振りをしていたかも分からないですし、しっかり自分の中で整理できたらまた話させてもらいます」と話すにとどめた。今キャンプではマルテとの三塁争いに真っ向勝負で挑んでいる。がむしゃらに練習に取り組む中で、自身を見つめ直す貴重な時間となったことは間違いない。

関連ニュース