文字サイズ

阪神の守護神・藤川が満塁弾を被弾 野村監督追悼試合で対外試合初登板

3回、島内宏明(左)に満塁本塁打を浴び、苦笑いの阪神・藤川球児=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(撮影・西岡正)
2枚

 「練習試合、阪神-楽天」(16日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座)

 阪神の守護神・藤川が対外試合に初登板し、満塁本塁打を浴びるなど1回2安打4失点だった。3四球と制球も乱れて、課題が残るマウンドとなった。

 今季は抑えで起用されていることが決まっているベテラン右腕は三回から登板。強風と雨が降るコンディションの中、満員の内野スタンドから大きな拍手で迎えられた。

 先頭の8番・太田には直球が高めに浮く場面が多く、5球で四球を与えた。9番・小深田が送りバント後、1死二塁でも1番・辰己にフルカウントから四球。2番・渡辺直にも粘られて8球目に四球を与えた。

 3番・島内には初球を完璧に捉えられ、右中間に満塁本塁打を浴びた。

 試合は、阪神、楽天で監督を務めた野村克也氏の追悼試合として行われ両軍選手は喪章を付けて出場。藤川は恩師の追悼試合で対外試合初登板となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス