文字サイズ

阪神新助っ人ボーアは2打数無安打「イライラというか満足していない」

 「練習試合、阪神-広島」(15日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座)

 新外国人・ボーアが、「4番・一塁」で来日後初の対外試合に先発した。得点圏に走者を置いた場面で2打席に立ったが、2打数無安打。試合後はフラストレーションを露わにした。

 「正直なところ、結果には自分自身、イライラするところはありました。この時期の試合とはいえ、どちらもランナーがいた状況ですから、かえせなかったということは自分自身に腹が立ちました」

 初回1死一、二塁の第1打席は、大きな拍手に迎えられて打席へ。広島先発・アドゥワに対して、カウント1ボールから143キロを打ち損じて一ゴロに倒れた。

 三回1死満塁の第2打席もアドゥワと対戦。カウント2ボールからライナーを打ち返し、球場が大きく沸いた。しかし、打球は遊撃正面。ダブルプレーとなり、歓声が一瞬にしてため息へと変わった。

 「勝負の世界でやっていますから、結果としていいスイングでいい打球を打っても、ランナーがかえらなかったら一緒なんで。自分の仕事ができなかったということで、イライラというか満足はしていないです」。予定の2打席を終え、四回の守備から交代した。

 一方で、初の対外試合出場でファンから大歓声を浴びたことに対しては「最高です。もっとほしいです。ファンのためにプレーしているところもあるので、もっとほしいです」と表情を緩めた。

 ボーアはメジャー通算92本塁打を放った実績を持ち、4番候補として来日。この試合まで実戦形式練習で2本塁打を含む5打数4安打。5日のケース打撃で伊藤和から左中間へ“来日1号”を放ち、13日のシート打撃では秋山から右中間へ一発をたたき込んでいた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス