文字サイズ

阪神・和田TA、“後輩”嶋尾康史の舞台を観劇「楽しかった」

嶋尾康史(左)と柊子(右)を激励する阪神・和田豊TA=大阪市のスタジオACT
2枚

 プロ野球・阪神の元監督で現在は球団本部付テクニカルアドバイザーを務める和田豊氏(57)が25日、大阪市のスタジオACTで、元阪神投手で俳優として活動中の嶋尾康史(51)が演出を担当する舞台「効き目の遅い薬」を観劇。嶋尾や主演・柊子(28)を激励した。

 和田氏は、俳優に転身した嶋尾の後援会長を務めるなど、ずっと応援をしてきた。毎年1、2月に上演されるこの定期公演も欠かさずに激励に訪れている。

 この日も1時間45分にわたる公演を鑑賞。「長いと思ったけどあっという間だった。年々、舞台全体や演出が良くなっている。楽しませてもらった。自分の方が球界では先輩だけど、嶋尾に違う世界を見させてもらえてうれしいね」と元チームメイトの活躍ぶりをたたえた。

 またNHK連続テレビ小説「まれ」でブレークした女優・柊子には「いろいろな才能がありすごいと思う。彼女の才能にはいつも驚かされている。他の俳優のみなさんも個性があり楽しませてもらっています」と感想を語るなど、臨時コーチとして5年ぶりの現場復帰となる2月の高知・安芸2軍キャンプを前に、リラックスした様子だった。

 一方、激励された嶋尾は「キャンプ直前に観劇してくださり、うれしいです。終演後にお褒めの言葉もいただき、おいしいビールを飲んでいます。東京公演(2月12日~16日)もあるので頑張りたい」と語り、才能を褒められた柊子も「ますますパワーアップしていきたい」と、大いに励まされた様子だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス