文字サイズ

阪神 守屋に対する文春の報道内容を否定「暴力行為などは一切ないと聞いております」

 阪神は22日、球団に所属する守屋功輝投手(26)が、妻に暴力を振るっていたという文春オンラインの報道に関してコメントを発表した。

 「守屋選手からの暴力行為や浮気行為は一切ないと聞いております。生活費等に関する言及も正確でなく、それらの支払いも含め、弁護士を介して話し合いをしていると報告を受けておりますので、本件について、現時点で、これ以上申し上げることはございません」などと、記事の内容を否定した。

 守屋は2014年のドラフト4位で入団したプロ入り6年目の右腕。矢野監督が2軍の監督を務めていた2018年には、ファーム日本一に貢献した。矢野監督が1軍監督に昇格した昨季は1軍でも中継ぎとして大事な場面で登板。“矢野チルドレン”として、チームで3番目に多い57試合に登板、2勝2敗の成績を残している。

 昨年12月の契約更改では700万円から1600万円増となる3倍超の大幅昇給2300万円で更改(金額は推定)。「期待していた以上の評価をいただきました。やっとプロ野球選手になれたかなと思います」と話していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス