文字サイズ

矢野監督、秋季キャンプMVPは「コーチのみんな」アイデア満載を評価

 「阪神秋季キャンプ」(19日、安芸市営球場)

 阪神が秋季キャンプを打ち上げた。矢野監督は就任後、2度目の秋季キャンプを終えて、コーチ全員をMVPに挙げた。

 「全体を底上げするようなキャンプを送れたと思いますし、誰か一人っていう部分ではないんですけど、僕はコーチのみんな(がMVP)かなと思っています。いろんなアイデアを出してくれて、選手の気持ちをつなげるような情熱も持ってやってもらいましたし。山本昌さんに来てもらったのもすごく大きかったですし。本当にコーチのみんながよくやってくれたな、と思っています」

 今秋キャンプは山本昌臨時コーチが成長著しい高橋遥や、復活を期す藤浪ら投手陣を精力的に指導。新加入の井上打撃コーチ、北川打撃コーチも、明るさと厳しさを持って指導に当たった。

 また、藤本内野守備コーチ、久慈内野守備コーチらも早出特守や個別練習で連日ノックバットを振り、今季12球団ワースト102失策を犯した守備力向上に取り組んだ。

 「チャレンジ」をテーマに掲げたキャンプ。矢野監督には選手も指導者も、成長や課題克服に挑む姿が頼もしく映った。「僕はやることなくというか、ゆっくり見させてもらいました」と振り返り、「100点に近いようなね。そういうキャンプ。コーチの一人一人がアイデアを出してくれたという部分でも点数的には高い」と満足そうに振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス