文字サイズ

【池山隆寛氏の目】雰囲気を察知され流れを手放した

 「セCSファイナルS・第4戦、巨人4-1阪神」(13日、東京ドーム)

 阪神が終戦。巨人に4敗(アドバンテージの1勝を含む)を喫し、CSファイナルSの敗退が決まった。

  ◇  ◇

 阪神が流れを手渡した原因は“雰囲気”を察知されたこと。四回無死一塁で打席の梅野はバントの構えをせず、ヒッティングのまま初球を見送った。それで巨人バッテリーに『何か仕掛けてくる』と警戒される要因となり、直後の一走・大山の二盗失敗につながった。

 相手に流れを持って行かれる最たるプレーは攻撃での併殺や三振、走塁死だ。五回も近本が二盗失敗。そして六回の好機で無得点に終わり、直後に丸のセーフティーバントという形で勝ち越された。

 全般的に見れば昨季6位からの3位は評価できる。シーズン終盤の粘りは素晴らしかった。そういう戦いを1年間通じてできるかが来年の課題。大山ら若手が中心選手に成長することも期待したい。(デイリースポーツ評論家・池山隆寛)

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス