文字サイズ

張本氏、6点差逆転阪神へ「どんな場面でも一生懸命」 矢野監督に「良い指導してる」

 野球評論家の張本勲氏が6日、TBS系「サンデーモーニング」で、プロ野球クライマックスシリーズで6点差をひっくり返した阪神について、全力プレーを絶賛。矢野燿大監督に「良い指導をしている」と太鼓判を押した。

 張本氏は、クライマックスシリーズ初戦で6点差をひっくり返した阪神についてコメント。「DeNAは打線がすごい。ソトはホームラン王で打点王、筒香もいるし、宮崎もいる」と、圧倒的な打力があることから「6点差あいた、もうダメだと思いました。テレビ切っちゃった」と、張本氏もDeNAの勝利を疑わなかったという。

 ところが、結果は阪神の大逆転。これに張本氏は「阪神は日本一のすごいファンがついているのと、プレーが必死、一生懸命やります」と勝因を分析。プロ選手は「ポンと打ったらあんまり全力疾走しないんです。これがプロの一つのコツ」と、凡打の場合は全力疾走しないことが多いと指摘した上で「彼らはどんな場面でも一生懸命走っている」とタイガースナインの全力疾走を評価。関口宏が「高校野球のよう?」と聞くと「もっと頑張ってると思う」とまでコメントした。

 そんな選手を率いる矢野監督へ「監督は良い指導をしている。声が詰まっていた、監督談話で」と、矢野監督の指導も評価していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス