文字サイズ

木浪 4号ソロのあとにタイムリーエラー

5回、バレンティンの打球を木浪が取れず内野安打になる
3枚

 「ヤクルト-阪神」(23日、神宮球場)

 阪神が手痛いエラーから失点を許した。

 五回1死一、二塁でバレンティンの打球は遊撃後方へのフライ。木浪が背走して捕球しようと手を伸ばしたがグラブが届かず、グラウンドにポトリ(記録は内野安打)。慌てて捕球して二塁に送球したものの、糸原がジャンプしても捕れない悪送球となり、ボールは大きくそれて一塁ベンチ手前まで転がった。その間に二走の大引が生還。4-2と2点差とされた。

 4試合連続マルチ安打を記録している木浪は、先頭で入った三回の打席では7試合ぶりとなる4号ソロを右中間に放った。しかし、課題の守備では12個目の失策を記録した。

 失策から1死二、三塁とピンチが広がったが、高橋遙が雄平、村上を連続空振り三振に仕留めた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス