文字サイズ

木浪、起爆打ァ2二塁打&2得点 8月打率・435!新2番攻守で魅せた

 「阪神3-1DeNA」(21日、京セラドーム大阪)

 向けられた視線と託された期待は裏切らない。何かを起こしてくれる。勝利への執念を全身で表現する泥くささが、ファンの心をつかんで離さない。阪神・木浪が見せた攻守にわたる存在感が、完勝の夜にひときわ輝いた。

 先頭で迎えた四回は三塁線を破る左翼への二塁打。六回も先頭で迎え、DeNA・三嶋から左翼前にポトリと落ちる二塁打で好機を演出。「先頭でどうしても出たかったので」。気持ちをバットに込め、3戦連続マルチ安打と勢いは止まらない。

 7月26日に初の2軍落ちを経験。悔しさが気持ちの持ち方を変えた。「自分に自信を付けるのは練習するしかないと思った。これまでの打席も見直しましたし、気付いたことがあればバットを振って確認しています。もう下(2軍)には落ちたくない気持ちもありますし」。結果を出すため、日々奮闘を続けている。

 八回は2死からソトの二遊間への強烈な打球をダイビングキャッチ。8月の月間打率・435と“夏男”ぶりを示すが、本人は「夏は苦手。ドームなので」と苦笑いを浮かべた。ホームで初のお立ち台。「京セラも良かったけど、甲子園でやっぱりやってみたい」と木浪。本拠地で“絶景”を目にするため、ひたむきなプレーで虎に活気を与えていく。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス