文字サイズ

苦手初物の梅津にプロ初勝利献上 投打振るわずナゴヤドーム5連敗

6回守備中、暗いムードの矢野監督(左から2人目)ら(撮影・北村雅宏)
3枚

 「中日5-1阪神」(12日、ナゴヤドーム)

 投打の歯車がかみ合わなかった阪神は、2連勝でストップした。プロ初登板初先発となった中日先発・梅津の前に打線が振るわずプロ初勝利を献上。これで今季5人にプロ初勝利を許すことになった。中日では清水、山本に続き3人目となる。

 阪神打線は初回、1死一塁から3番・福留が左翼越えに適時二塁打を放って幸先良く先制。だが二回の三者連続三振をはじめ以降は沈黙した。威力ある速球と変化球のコンビネーションで手玉に取られ、二回から六回までわずか2安打に封じられた。

 先発のガルシアは、7回7安打4失点で降板。初回、先頭・平田に打ち取った当たりを三塁内野安打、1死後にアルモンテに左前打を許して1死一、二塁からビシエドに三遊間を破られ同点適時打を浴びた。さらに2死一、二塁から福田に中前へ勝ち越し適時打を許した。

 四回は先頭の福田に四球を与え、続く堂上に甘く入った直球を左翼スタンドに運ばれる2ランを被弾。打球の行方を見ながら、ガルシアはぼう然と立ち尽くした。その後は尻上がりに状態を上げ、10三振を奪ったが白星ならず。6月2日の2勝目以降、これで10試合白星から遠ざかることになった。

 好調広島に2試合連続逆転勝ちで名古屋に乗り込んできたが、中日戦は6勝12敗となり、ナゴヤドームでの連敗も5に伸びた。勝負の夏場、上位3チームに食らいつくためにも、“鬼門”での連敗を止めるしかない。

2022-08-11
2022-08-10
2022-08-09
2022-08-07
2022-08-06
2022-08-05
2022-08-04
2022-08-03
2022-08-02
2022-07-31
2022-07-30
2022-07-29
2022-07-24
2022-07-23
2022-07-22
2022-07-20
2022-07-19
2022-07-17
2022-07-16
2022-07-15

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(阪神タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス