文字サイズ

藤浪、大阪桐蔭の後輩、中日・根尾との初対決で左飛に 154キロも計時

1回、根尾を左飛に打ち取る阪神・藤浪晋太郎=甲子園(撮影・北村雅宏)
2枚

 「ウエスタン、阪神-中日」(26日、甲子園球場)

 阪神・藤浪晋太郎投手(25)が先発し、大阪桐蔭高校の後輩である中日・根尾昴内野手(19)と初対戦。最初の打席は左飛に打ちとった。

 初回、先頭の高松を一ゴロ、伊藤康を一邪飛に打ちとった後に根尾と相対した右腕。3球目はボールとなったが、154キロを計測するなど、直球の威力は十分。フルカウントから真ん中高めに投じた直球で左飛に打ちとり、三者凡退に斬る上々の立ち上がりを見せた。

 試合前には、藤浪、根尾共に、お互い笑顔を浮かべながらあいさつを交わす姿もあった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス