文字サイズ

矢野監督 九回の好守備に「いいプレーやったね」

9回、亀井の安打を処理して本塁へ送球し、二走・丸の生還を阻止する近本(撮影・北村雅宏)
3枚

 「阪神0-1巨人」(9日、甲子園球場)

 阪神が今季9度目の完封負けで連敗。再び5割を切って借金生活に突入し、首位・巨人との差は今季最大となる8・5ゲームまで開いた。先発のガルシアは好投も報われず、8回4安打1失点で4敗目(2勝)。今季ワーストの16残塁と、攻めあぐねた前夜に続き、無援に泣く形でカード負け越しとなった。

 敗戦の中にも光るプレーはあった。

 1-0で迎えた九回、好プレーで巨人の追加点を阻んだ。

 8回1失点で降板したガルシアに代わりマウンドに上がった小野は不安定。先頭の坂本勇、丸に連続四球を与えると、4番の岡本にはプロ初の犠打を決められた。

 1死二、三塁と絶体絶命のピンチを招いたが、ここで捕手の坂本が魅せた。亀井を打席に置いて、坂本勇を鮮やかにけん制で刺した。

 さらに2死二塁からは近本が亀井の中前打を素早く本塁へ好返球。二塁からホームを狙った丸を憤死させた。

 矢野監督は九回の守備について「いいプレーやったね。バックホームもバウンド的にも(捕球が)難しいんだけど。ああいう勝負どころでアウトにできるというのはね。投げる方もランナーと重なるから勇気がいるんだけどね。ナイスプレーでした」と称賛した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス