文字サイズ

ドラ3木浪、好守&千金打ァ 矢野監督も称賛

 4回、原(手前)から適時打を放つ木浪
1枚拡大

 「阪神3-2ヤクルト」(21日、甲子園球場)

 相手に傾きかけた流れを止め、勝利への勢いを加速させた。好守と価値ある適時打。阪神のドラフト3位・木浪(ホンダ)が連敗ストップへ攻めた。

 同点に追いつかれた直後の二回1死一、三塁。中村の高いバウンドのゴロに迷わず前進。「攻めれば何とかなる。攻めの守備を心掛けた」。難しい打球をショートバウンドで捕球し、併殺を完成させた。

 打席でも積極性を見せた。四回、1点を勝ち越し、なお1死一、二塁。「チャンスなので積極的に」。初球を捉え、10打席ぶりの安打となる右前適時打を放った。

 矢野監督は「タイムリーももちろんよかったけど、ショートというポジションで言うと、プラスアルファを求めているしね」。将が自ら名前を挙げて称賛する活躍だった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス