文字サイズ

岩田、四回途中4失点で交代 菅野から5点の援護も踏ん張れず…

3回、丸の二盗失敗でガッツポーズをする岩田(撮影・田中太一)
3枚

 「巨人-阪神」(15日、東京ドーム)

 阪神の先発・岩田稔投手が3回2/3を投げ4失点。リードした状態ながら、四回途中で無念の降板となった。

 初回に3点を先制してもらい、立ち上がりこそ無失点に抑えたが、二回は小林の内野ゴロの間に1点を献上。三回は1番・石川に直球を左翼スタンドに被弾した。

 ジワジワと追い詰められた左腕は四回だ。3連打で無死満塁とし、8番・小林の併殺崩れの間に1点を失って巨人に3点目を許す。なおも2死三塁から投手の菅野に遊撃への適時内野安打。いったんはアウトの判定だったが、巨人・原監督のリクエストで判定が覆って1点差に迫られた。

 序盤から5点の援護をもらい、阪神ペースで試合が進んでいくと見られたが岩田は踏ん張れず、主導権を完全に握ることはできなかった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス