文字サイズ

秋山、圧巻投球で鯉封じ 3回0封、三者連続含む5K

2回、林の飛球を指さす秋山(撮影・高部洋祐)
力投する秋山(撮影・高部洋祐)
3回を投げ終え、ベンチで女房役の阪神・長坂拳弥(右)と話す阪神・秋山拓巳=由宇(撮影・高部洋祐)
3枚3枚

 「教育リーグ、広島1-0阪神」(12日、由宇球場)

 阪神・秋山拓巳投手(27)が3回無安打無失点と好投。5三振を奪う快投を見せ、順調ぶりをアピールした。

 6日のプロアマ交流戦・奈良学園大戦(鳴尾浜)以来の先発となった右腕は、初回から快調に飛ばした。先頭の羽月を直球で見逃し三振にきると、続く大盛は遊ゴロ、岩本を見逃し三振に抑える最高の立ち上がりだった。

 さらに圧巻だったのは三回だ。木村、白浜、永井を三者連続三振に取るなど、広島打線を全く寄せ付けなかった。この回で交代となった右腕は「1球1球の精度は良かった。うまく投げられた」と手応えを示していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス