文字サイズ

木浪が2点適時打含む3打数3安打!高山も連続適時打

2回阪神無死二塁、内野安打を放つ阪神・木浪聖也=ナゴヤドーム(撮影・田中太一)
1枚拡大

 「オープン戦、中日-阪神」(12日、ナゴヤドーム)

 ここまで7試合を戦い、6敗1分けとオープン戦未勝利の阪神だが、絶好調のルーキー・木浪が大暴れした。

 無死二塁の場面で迎えた初回の第1打席は二塁への内野安打でチャンスを広げた。続く五回の第2打席も無死一塁から、一塁への強襲安打をマーク。

 さらに思い切りの良さを見せたのが、六回の第3打席だ。一死二、三塁のチャンスで打席を迎えると、カウント3-0の場面ながら4球目のストレートを振り抜く。打球を右前に運び、2点適時打。ノースリーのカウントから打ちにいき、結果を出すのだから新人とは思えないほどの勝負強さだ。

 この日は1軍に昇格したばかりの高山も2打席連続の適時打でアピールした。まずは二回。先頭の福留がセンター無死一、三塁のチャンスで打席に入り、初球を右前に運び先制点をたたき出した。

 次は四回の第2打席だ。福留、木浪の連打で無死一、二塁の場面。2球目のストレートをはじき返し、今度はセンターフェンス直撃の適時二塁打を放った。

 ゲームは五回終了時点で阪神が10安打を放ち、1-4でリード。オープン戦初勝利なるかが注目される。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス