文字サイズ

矢野監督が初リクエスト 判定変わらず

阪神・矢野燿大監督
1枚拡大

 「オープン戦、阪神-中日」(12日、ナゴヤドーム)

 阪神の矢野燿大監督(50)が三回、オープン戦で初めてリクエストを要求した。

 この回、藤浪が四球と死球などで2死一、三塁とすると、遠藤との対戦。一塁線の打球を、一塁・マルテがファンブルし、足元にあるボールを見失った。遠藤も懸命の走塁を見せ、ボールをつかんだマルテが左足でベースを踏んだが、一塁・橋本審判はセーフの判定。

 この判定に矢野監督がベンチを出て抗議。審判団が集まってリプレー検証を行った。判定は変わらずセーフ。松井雅のホーム生還が認められ、同点に追い付かれた。阪神はここまで7試合を戦い、6敗1分けと12球団で唯一、白星がない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス