文字サイズ

小野泰己、紅白戦で2回6失点…マルテに2ラン被弾

紅白戦の1回、阪神・マルテに2ランを浴びる阪神・小野
1枚拡大

 「阪神紅白戦」(11日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座)

 開幕ローテ入りを狙う阪神・小野泰己投手が、白組の先発で2回7安打6失点。新外国人のマルテに2ランを浴びるなど、今キャンプ初の実戦登板は課題を残す内容になった。

 初回、いきなり江越、北條に連打を浴びて一、三塁を招くと、続く糸原の二ゴロで先制点を失った。さらに大山を二ゴロに打ち取った後、2死三塁でマルテとの対戦。3ボール1ストライクから5球目。内角低めの141キロ直球を、左翼スタンドまで運ばれた。

 さらに二回は簡単に2死を取ったが、再び江越、北條に連打を浴びると糸原の四球を挟んで、大山に左前適時打、マルテに中前適時打を浴び、3点を失った。

 2回で74球を要し、2四球を与える内容。チームメイトに投げる紅白戦は、必然的に投手が不利になるが開幕ローテを争う中、この日はアピールとはならなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス