文字サイズ

ドラ2小幡、驚足再び!“ボルト級”瞬発力披露に続き…3000メートルで歴代最速

 4周目以降、トップに立ち好タイムを出した小幡(左)=撮影・田中太一
1枚拡大

 阪神の新人合同自主トレが10日、兵庫県西宮市の鳴尾浜球場で行われた。開始2日目に実施された恒例の3000メートル走では、ドラフト2位・小幡竜平内野手(18)=延岡学園=が、10分51秒と球団史上、歴代最速タイムをたたき出してぶっちぎりの1位を奪取。昨年の新人体力測定では30メートル走で“ボルト級”のスピードを見せたが、持久力の面でも藤浪や同い年の中日・根尾をしのぐ潜在能力を披露した。

 寒風が吹きすさむ鳴尾浜球場。小幡は苦しげな様子を見せず、飄々(ひょうひょう)とした顔で快足を飛ばした。「負けたくない気持ちが強かった」と闘争心全開で3000メートル走に臨み、独走Vを果たした。

 着実に順位を上げていった。1周目は5位スタートだったが、周回を重ねるごとにギアを上げた。序盤から先頭を走っていた育成1位・片山を追い抜いて以降は独壇場。球場全体を使った8周半、3000メートルを10分51秒と球団史上、歴代最速タイムで駆け抜けた。

 「前に片山さんが走っていたので、ついていくことができてよかった。まだまだです」と謙遜したが、「(競争は)勝ちたい」と言い切った。たたき出した驚異的なタイムは、単に今年の虎のルーキーたちだけでは測れない。

 距離は違えど、13年の新人合同自主トレ時に3500メートル走で13分57秒を記録した藤浪や、7日に行われた中日の新人合同自主トレで、3800メートル走を14分47秒で走破した根尾よりもラップタイムは1分近く速い。昨年の新人体力測定時に30メートル走で3秒98とボルト級のスピードを披露していた小幡。瞬発力と持久力を兼ね備える選手はなかなかいない。

 昨年8月から入寮までの期間は、自宅周辺で1、2キロの走り込みを欠かさなかった。「長距離走は全然ですね」と言うものの、高校2年時の冬季練習、野球部で20キロ走を月1回のペースで行うなど、豊富な練習量で培ったスタミナは高卒ルーキーの域をはるかに超えている。

 伊藤1軍トレーニングコーチも「よく練習をやっていたんだな」と目を細めた。持久力はプロに入って練習についていけるか否かを測る上で大切な要素。他の選手よりも一球でも多く打ち込む、一球でも多くノックを受ける。たぐいまれなスピードに加え、高卒野手にとって大切な“練習できる体力”も兼ね備えている。

 厳しい生存競争を勝ち抜くために、その強い気持ちを3000メートル走で示した小幡。「結果を出さなければいけない」。確かな覚悟を持つ18歳は、磨けば磨くほど光るダイヤの原石かもしれない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス