文字サイズ

梅野、西と“勝ち組”結成 同年代コンビで目指せ最強バッテリー

 子どもたちに笑顔でアドバイスする梅野
1枚拡大

 阪神の梅野隆太郎捕手(27)が9日、FA移籍で加入する西勇輝投手(28)との共闘を宣言した。この日は奈良県天理市内でのSSK野球教室に参加。イベント終了後に取材に応じ「勝てるピッチャーにできるように、お互いに協力し合っていければベストかなと思います」と語った。同年代投手との二人三脚で、勝てるバッテリーを目指していく。

 強調したのは、バッテリーは共同作業だということだった。2人で1人の打者を抑え込む。だからこそ、梅野は前を向いた。「いち早くコミュニケーション取ってやっていきたいという思いが強い」。打者目線で感じた特徴の確認、そして新しい「西という投手の引き出し」を増やしていく考えだ。

 2人の出会いは、2年前のSSK野球教室だった。違うチームの選手として、ともに出席。初めての会話を楽しんだという。「まさかその2年後にこうなるとは正直ビックリした」。来年からは仲間に。当時よりも成長した姿での、再会を心待ちにした。

 捕手冥利(みょうり)に尽きるのは、抜群のコントロールだ。ボールにするのか、振らせるのか、勝負するのか…。「一つのサインに応えられる、すごいコントロールを持っている方」と印象を口にする。新たなバッテリーとして臨む来季。共同作業で新しい風を吹かせてみせる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス