文字サイズ

2位の小幡、目標は鳥谷 同級生ドラ1の根尾、輝星らに負けない

 仲間に祝福されて笑みを浮かべる阪神ドラフト2位指名の延岡学園・小幡(中央)
1枚拡大

 「プロ野球ドラフト会議」(25日、グランドプリンスホテル新高輪)

 ここからが勝負だ。阪神から2位指名された小幡竜平内野手(18)=延岡学園=は同級生に対抗心を燃やした。今ドラフトでは金足農・吉田、大阪桐蔭からは根尾と藤原、報徳学園・小園、天理・太田と同級生5人が1位指名。「順位は違いますが、プロに入れば同じなので。もちろん負けたくないです」と言葉に意地を込めた。

 「まさか、2位で指名されるとは予想していなかったです。実感はまだです」

 テレビ中継されていた1位指名が終了すると肩の力を抜いた。「まだ呼ばれないはずだ」。そう思い込んでパソコンモニターを見つめていると突然、自らの名前が映った。待望の瞬間に一気に表情が引き締まる。喜びの2位指名だった。

 高い身体能力を発揮した広い守備範囲とシュアな打撃が持ち味。目指すスタイルは球団通算最多安打を放つなど、走攻守のバランスがとれた鳥谷だ。「遊撃が自分の目標。鳥谷選手のようになれるようにしたい」と目を輝かせた。

 苦楽をともにしてきたナインへの感謝も忘れない。「皆のおかげでプロに行くことができた。感謝しています。日本を代表する選手になりたい」。グラウンドで約60人の部員を前に思いを伝えると、思わず涙がこぼれた。

 大分から駆けつけた両親もエールを送る。父・正樹さん(54)は「早く先輩たちに追いつけるように。息の長い選手になってもらいたい」と期待を寄せた。

 「(似合うのか)全然分からないです」。人生初となるタテジマのユニホームを着こなし、虎の顔となる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス