文字サイズ

近本光司外野手を1位指名 矢野監督「赤星を一回り大きくしたようなイメージ」

阪神に1位指名され満面の笑みを見せる大阪ガス・近本光司=(撮影・佐藤厚)
3枚

 「プロ野球ドラフト会議」(25日、グランドプリンスホテル新高輪)

 1位を公表せずにドラフトに臨んだ阪神は、2度くじに外れ、3度目の入札で大阪ガス・近本光司外野手(左投左打)を単独指名し、交渉権を獲得した。

 最初の入札では楽天、ロッテとともに大阪桐蔭・藤原恭大外野手で競合。ロッテが交渉権を獲得すると、2回目の入札では、立命館大の辰己涼介外野手を指名。しかし、ここでも4球団競合の末、外れ。外野手を指名し続け、俊足好打の近本を獲得した。

 2度のくじ引きに敗れ、近本を獲得した矢野新監督は「くじは右でいって、左に代えましたけど…」と初仕事に苦笑い。近本に関しては「バッティングと足はね、2軍でも対戦しましたし、自分の目で見ていたので、うちのセンターラインに必要な選手。赤星のような、一回り大きくしたようなイメージ」と評していた。

 昨年は早実の清宮幸太郎内野手を1位指名も、7球団が競合。金本知憲前監督がくじを引いたが無念にも外れ。さらに安田も3球団の競合で外し、馬場を2球団競合の末、当てた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス