文字サイズ

阪神弟が12年ぶり5度目のファーム優勝 イースタン王者・巨人を下す

ファーム日本一となり、歓喜のナインの手で胴上げされる矢野2軍監督(撮影・坂部計介)
1枚拡大

 「ファーム日本選手権、阪神8-4巨人」(6日、サンマリンスタジアム宮崎)

 ウエスタン・リーグ覇者の阪神が、イースタン・リーグ優勝の巨人を下して、12年ぶり5度目のファーム日本一に輝いた。

 阪神は1点を追う四回、打者11人の集中攻撃で一挙6点を奪い、逆転に成功した。先頭の高山が右翼への二塁打。続く4番・板山が中前へ落ちる適時打を放ち、試合を振り出しに戻した。

 さらに今成の右前打と四球で満塁とすると、山崎が押し出し死球で勝ち越し。熊谷のタイムリーと相手失策でも加点し、逆にリードを5点に広げた。

 3点差とされた六回には1番の江越が、1死二塁で巨人3番手の大江から中越えに2ラン本塁打を放ち、再びリードを5点とした。

 投げては先発・浜地から飯田、尾仲、馬場、伊藤和とつなぐ5投手の継投で巨人打線を4点に抑えた。

 一方、2位のヤクルトに11・5ゲーム差を付けて圧倒的な力でイースタンを制した巨人は四回、4番の和田恋のタイムリー二塁打で1点を先制。5点を追う五回には2死から四球と安打で好機をつくると、橋本到が右線へ二塁打を放ち、2者が生還した。

 九回には1死から今季限りで引退する脇谷が代打で出場。一ゴロに倒れたが、観客席から温かな拍手がわき起こり、脇谷はヘルメットを取って頭を下げた。

 さらに2死から代打で登場した増田が左翼席へソロ本塁打を放ち、4点差に迫った。

 先発した高田は3回0/3を5失点で降板するなど、2番手・戸根、3番手・大江も失点を重ねたが、守りのミスも大きかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス