文字サイズ

阪神29年ぶり、甲子園でWヘッダーを検討 来週直撃?台風24号…セ連盟が打診

 雨で水が浮いた甲子園のグラウンド
1枚拡大

 阪神の谷本修球団本部長は26日、セ・リーグ連盟からダブルヘッダー開催の打診を受けたことを明かした。この日、甲子園球場で予定されていたDeNA戦がグラウンドコンディション不良で中止となり、順位決定の期限となる10月11日まで空き日が1試合となったため。甲子園でのダブルヘッダー開催は1989年10月15日以来、29年ぶりとなるため、実施方法などを慎重に検討していく方針だ。

 ひっ迫した試合日程が、“禁断の扉”を開かせた。DeNA戦が午後4時の開門を前に中止が決定。その直後、セ・リーグから阪神に対し、ダブルヘッダーの開催を打診された。谷本球団本部長は「セ・リーグから連絡がありました。営業の担当が検討していくことになると思います」と明かした。

 甲子園でダブルヘッダーが開催されれば、1989年10月15日・大洋戦以来、29年ぶりとなる。14連戦の初戦で今季19度目の中止となり、既に10月9日までびっしりと試合が組まれていることから、振り替えは同10日以降になる見通しだ。

 順位決定の期限となる同11日まで試合が組まれていない空き日はわずか1日。日本の南部には大型で非常に強い台風24号が停滞しており、来週にかけて本州を直撃する恐れが出てきている。さらに中止試合が増えることも予想されており、期限までに143試合を完全消化し、順位を決定するための打診とみられる。

 ただ阪神はシーズン中から甲子園でダブルヘッダーの開催は困難と訴え続けてきた。セ・リーグのアグリーメントに記載されているルールでは、第1試合終了から20分後に第2試合を始めなければならない。満員となれば4万6000人前後の人間が一気に入れ替えに向けて動くだけに、危険に対して配慮する必要もある。

 仮に観客を入れ替えないにしても、相手チームが違う“変則ダブルヘッダー”となった場合、練習場所の確保や「応援団の入れ替えについても20分でできるのか。そのあたりも検討していかないといけない」と谷本本部長は課題を指摘する。

 既に発表されている日程では移動ゲームの絡みもあるため、これ以上の変更はできない。現時点で可能性が高いとされているのが10月1日に甲子園で予定されているDeNA戦が中止となった場合、ダブルヘッダーとして同10、11日の空き日に実施する案だ。

 チームにとっても8連戦を戦い抜いた上で、最後の最後にダブルヘッダーが待ち受ける。苦しい戦いを強いられることは、間違いない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス