文字サイズ

北條への死球であわや乱闘 山田コーチは巨人ベンチに絶叫

9回、巨人・宮国椋丞から死球を受ける阪神・北條史也=東京ドーム(撮影・棚橋慶太)
9回阪神2死二、三塁、頭部付近への死球を受ける阪神・北條=東京ドーム(撮影・出月俊成)
9回、阪神・北條史也への死球に、ベンチを飛び出し声を荒らげる阪神・山田勝彦コーチ(右)=東京ドーム(撮影・棚橋慶太)
3枚3枚

 「巨人-阪神」(9日、東京ドーム)

 阪神・北條への死球を契機に、両軍に不穏な空気が漂った。

 1点リードの九回。2死二、三塁の場面で打席に立った背番号2。巨人の3番手・宮国からの初球、143キロの直球を背中付近に当てられた。

 四球で歩かせ、満塁策をとってもおかしくない状況だけに、阪神の山田バッテリーコーチが、巨人ベンチに何かを叫ぶ場面も見られた。乱闘には発展しなかったが、一触即発の空気が漂った。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス