文字サイズ

藤浪 後半戦巻き返す 10日ウエスタン中日戦で調整登板

 入念にアップする藤浪
1枚拡大

 阪神の藤浪晋太郎投手(24)が9日、後半戦の巻き返しを強く誓った。ローテの柱として期待されながら、前半戦は8試合の登板で2勝2敗。防御率5・36と苦しんだ。再スタートからのフル回転を胸に秘める。

 当初11日の広島戦に先発予定だったが、豪雨被害の影響で中止が決定。10日のウエスタン・中日戦に先発することになった。「投げたかったですけど、こればかりは仕方ない」。後半戦に向けた調整登板は3イニングの予定。結果、内容次第で次回登板日が決まる。

 「悪いままではダメなので、いろいろと工夫していきたい。自分のフォーム、バランスで投げられたら」

 首位・広島と7差から始まる後半戦。夏場の戦いはやはり先発がカギを握る。「前半戦で学んだこと、感じたこと、反省を後半に生かして投げたい。ローテーションの中心で?それが一番ですね」。言葉に並々ならぬ覚悟を秘めた。万全の状態で後半戦に向かう。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス