文字サイズ

金本監督、鳥谷の連続出場ストップに「いつまでもというわけにもいかない」

 8回、選手交代を告げに行く金本監督(撮影・北村雅宏)
1枚拡大

 「交流戦、阪神0-1ソフトバンク」(29日、甲子園球場)

 スタメンを外れていた阪神・鳥谷敬内野手(36)がソフトバンク戦に出場せず、連続試合出場は1939試合でストップした。

 ルーキーイヤーの2004年9月9日・ヤクルト戦(甲子園)から始まり、14年間続けた大記録。プロ野球歴代2位で、同1位の衣笠祥雄の2215試合にあと「276」と迫りながらの記録ストップとなった。

 金本監督は試合後、鳥谷を起用しなかったことについて、「(使う)場面がね(なかった)、それは仕方ないですから」と明かした。交流戦という節目ということでの決断かと問われたが、「全然関係ない。まったく関係ない」と否定した。

 今後の鳥谷の処遇に関しては「2軍調整?それは考えてないですよ」と、今後も1軍に置くことを明言した。

 鳥谷と連続試合出場についての話し合いは「シーズンオフからしてるから。ずっと」と明かし、「(連続出場は)できるだけというのは、おととしからずっと。スタメンで出てない時は配慮もしたし、向こうも感謝の気持ちを示してくれてたし。いつまでもというわけにもいかないですから。試合をやっている以上は。状況がありますから。本人も全然、そこには特にこだわってないということだったし」と、鳥谷も納得の上での決断とした。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス