文字サイズ

【一問一答】連続試合出場ストップの阪神・鳥谷「いつかは止まる記録。感謝」

9回、ベンチから試合を見守る阪神・鳥谷敬=甲子園(撮影・北村雅宏)
1枚拡大

 「交流戦、阪神0-1ソフトバンク」(29日、甲子園球場)

 スタメンを外れていた阪神・鳥谷敬内野手(36)がソフトバンク戦に出場せず、連続試合出場は1939試合でストップした。

 ルーキーイヤーの2004年9月9日・ヤクルト戦(甲子園)から始まり、14年間続けた大記録。プロ野球歴代2位で、同1位の衣笠祥雄の2215試合にあと「276」と迫りながらの記録ストップとなった。

 以下は試合後の鳥谷との一問一答。

 (試合後、クラブハウスへと続く通路で)

 -連続試合出場記録が止まった。

 「いつかは止まる記録なので。いい時も、悪い時も、ケガをした時も試合で使ってもらった監督の方たちに感謝をしたい」

 -最後は代打の準備をしていた。

 「バットを振ってはいましたけど」

 -金本監督から何か話はあったか。

 「それは別に。説明することでもないと思いますし」

 -明日も今までと変わらず試合に出る準備を。

 「はい」

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス