文字サイズ

阪神が今季初のサヨナラ勝ち 中谷が殊勲打 3位浮上

9回阪神2死一・二塁、阪神・中谷将大が左前にサヨナラ打を放ちガッツポーズ=甲子園(撮影・山口登)
3枚

 「阪神5-4巨人」(26日、甲子園球場)

 阪神が今季4度目の延長戦で巨人に競り勝ち、今季初の4連勝を飾った。サヨナラ勝ちも今季初。2カード連続、巨人戦では今季初めで勝ち越しを決めた。巨人と入れ替わる形で3位に浮上した。

 同点で迎えた九回、沢村から2つの四球を選んで2死一、二塁として中谷が左翼へサヨナラ打を放った。

 試合は二回、大山、江越、梅野の3連打で2点を先制した。三回には2死一、二塁から、大山の中前適時打で追加点。大山は五回にも右中間を破る三塁打で、今季初の猛打賞を記録するなど、徐々に状態も上向いてきた。四回には糸井の右犠飛で4点目、序盤から着実に得点を重ね、先発・小野を援護した。

 投げては小野が初回に先制点を失うなど、毎回のように走者を置きなら粘りの投球。この日は最速154キロを記録するなど、序盤から全力投球で巨人打線に対した。2点のリードを守り抜き、7回8安打2失点で降板した。だが八回、2死一塁の2死一塁の場面で、2番手の岩崎から桑原にスイッチ。石橋をたたいた継投策で勝利を狙ったが、長野に2ランを浴びて同点に追い付かれた。

 辛勝で4連勝を飾ったが、不安を残す一戦にもなった。七回、巨人・上原が3番手でマウンドに上がったところで、4番・ロサリオに打順が巡ったが、金本監督は代打・鳥谷を告げた。この日は全て走者を置いた場面で3打数無安打。途中交代はあるが、代打を送られるのは初めてだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス