文字サイズ

ミス連発で虎4連勝ならず 巨人は貯金1

7回、けん制死となった阪神・大山悠輔(手前)の奥で戦況を見つめる阪神・金本知憲監督=東京ドーム(撮影・田中太一)
3枚

 「巨人3-1阪神」(9日、東京ドーム)

 阪神がミスに泣き、接戦を落として連勝は3でストップした。

 初回、立ち上がりの隙を突かれた。1死二塁の場面で、ゲレーロの放ったゴロが三遊間へ。捕球した三塁の大山は二走・吉川尚が飛び出したのを見て、果敢に二塁へ送球。タッチプレーになったが、二審・秋村はセーフと判定した。

 このプレーに金本監督が、リクエストの権利を行使。リプレー検証が行われたが、判定通りセーフ(野選)として一、二塁で試合が再開となった。先発のメッセンジャーは続くマギーは左飛に抑えたが、2死から岡本に先制の左前適時打を浴びると、亀井にも中前適時打で2点の先制を許した。

 攻撃は五回、梅野の適時二塁打で1点を返した。続く六回は連続四球と暴投が絡み、1死二、三塁としたが、福留が空振り三振。糸原も三邪飛に倒れて絶好機をつぶした。

 七回には大山、代打・原口の連打で無死一、二塁。代打・山崎が打席に立ち、送りバントで二、三塁を作ろうとした。だが、二走・大山がけん制に引っ掛かってタッチアウト。後続も倒れ、無得点に終わった。

 メッセンジャーは6回5安打3失点で2敗目。6勝目はならなかった。また、八回には2年目、19歳の才木が中継ぎで今季初登板。150キロ超の直球を連発した。安打と死球で1死一、二塁を招いたが、亀井を三邪飛、長野を空振り三振に抑えて無失点。最速は152キロだった。

 10日の第3戦はドラフト5位で入団した谷川昌希投手(25)=九州三菱自動車=が先発する。新人投手がプロ初登板初先発で巨人に勝利すれば球団史上初の快挙。即戦力右腕の快投でカード勝ち越しを決めたい。

 巨人は吉川光が2勝目。継投策もはまり、貯金1とした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス