文字サイズ

メッセンジャー 地方球場で無傷の6勝 阪神 連敗3で止める

福留孝介(左)らナインと勝利のタッチを交わす阪神のランディ・メッセンジャー(中央)、ウィリン・ロサリオ(同右)=松山・坊っちゃんスタジアム(撮影・吉澤敬太)
 力投するメッセンジャー
2枚2枚

 「ヤクルト2-4阪神」(25日、坊っちゃんスタジアム)

 阪神が、メッセンジャーの力投で連敗を3で止めた。

 予定されていた24日の登板が雨で中止となりスライドでマウンドに上がったメッセンジャーだが、立ち上がりから安定感のある投球を披露。力のあるストレートを軸に7回3安打1失点、今季最多の110球の熱投を演じた。セ・リーグトップタイの4勝目をマーク。相性のいい地方球場で、これで7戦6勝となった。

 打っては小刻みに加点。1-0で迎えた三回には2死無走者から福留、糸原、大山の3連打で追加点。七回にはロサリオ、糸原のタイムリーで2点を挙げ、突き放した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス