文字サイズ

能見が5回1失点と好投「腕をしっかり振れるように心掛けた」開幕へ順調

力投する阪神・能見篤史=甲子園(撮影・高部洋祐)
5回ヤクルト2死一・二塁、阪神・能見篤史はヤクルト ウラディミール・バレンティンを遊ゴロに打ち取る=甲子園(撮影・山口登)
5回、帽子をかぶり直す阪神・能見篤史=甲子園(撮影・北村雅宏)
3枚3枚

 「オープン戦、阪神-ヤクルト」(14日、甲子園球場)

 阪神・能見篤史投手が、5回を3安打1失点と先発の役割を果たして、マウンドを2番手の石崎に譲った。

 立ち上がりは山田、バレンティンから空振り三振を奪うなど快調な滑り出し。三回、先頭打者に四球を与え、遊撃手・糸原の失策も絡み1点を失ったが、大きく崩れること無く結果を残した。

 「腕をしっかり振れるように心掛けた。まずまずじゃないですかね。コースを突くことと、緩急を織り交ぜながら、ボールをより良く見せられるように、テーマとして臨んだ」

 4日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)では、3回6失点と打ち込まれる場面が目立っただけに「もちろん前回の結果もあったので。繰り返しにはならないように」と、きっちりと修正した形で2度目のオープン戦登板を終えた。開幕ローテ入りは決定しており、順調な仕上がり具合をアピール。「しっかりと元気な姿を続けて、継続していきたい」と気を引き締めていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス