文字サイズ

北條ピークは開幕「去年と一緒だとダメ」 焦り封印!決死の遅調整

 ヤクルト・山田(右)とトレーニングする北條
 今年の抱負を「勝」と記し、指を突き立てる北條
 歯を食いしばりノックを受ける北條
3枚3枚

 阪神の北條史也内野手(23)が11日、松山市内の坊っちゃんスタジアムでヤクルト・山田哲人内野手(25)らとの合同自主トレを公開した。春季キャンプにピークを合わせて失敗した昨年の経験を糧に、今年はシーズン開幕に照準を合わせ、ペース配分を考えながら焦らずに調整していくことを決意。今年こそ、正遊撃手としてグラウンドで大暴れしてみせる。

 ツンと冷たい空気の松山市。最高気温は4度。凍えるような寒さの中、北條は懸命に体を動かした。大きな滴となって、額に汗が流れる。今オフに取り組む特別な思いを、しっかりとした口調で説明した。

 「シーズンに合わせて、そこを目指してやろうと思う。去年はキャンプに合わせてというか、キャンプしか考えていなかった」

 昨年は、チーム最初のオープン戦となった日本ハム戦で2本塁打をマーク。スタートダッシュに成功すると、その勢いで自身初の開幕スタメンに名を連ねた。しかし、シーズンが始まってからは、打てども打てども、快音は響かず。徐々にオープン戦で見せた勢いはなくなっていった。

 苦しんだ北條が、たどり着いた結論。それは、ピークの設定時期だった。「去年と一緒だとダメかなと思う。どこか変えようかなと思って」。昨オフは、アピールしなければいけない春季キャンプに体のピークを合わせたため、好調の波はシーズン序盤から尻すぼみに。昨年の経験を教訓に、今年は臨む。

 もっと、もっと。やらなければいけない。昨季は正遊撃手として期待されながら、83試合の出場にとどまり、打率・210、3本塁打、20打点。2軍生活も経験した北條には、焦りもある。それでも今年はそんな思いを押し殺してでも、ペース配分を考えることに決めた。今年でプロ6年目。昨年の経験から、自分自身で徐々にペースアップを図っていく。

 「“自分”に勝つ、“相手”に勝つ、“ライバル”に勝つ。そういう思いで書きました。何事にも1番でいきます」

 手渡された色紙、筆ペンを手にし、今年の抱負をつづった、力強い「勝」の一文字。そしてにっこり笑いながら、人さし指で数字の『1』を作った。2018年、年男の北條が目指すのは、虎のナンバー“1”内野手だ。「内野手で1番になったら、試合に出られる。1番になれば、出られるチャンスも多い」。勝ちどきをあげろ。寒さと対照的に放つその熱気が、さらに若虎を加速させていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス