文字サイズ

ドラ1馬場は「18」 2位高橋は「29」新入団会見で背番号発表

阪神・金本知憲監督(中央)を中心に、ポーズを決める新入団選手たち=大阪市内のホテル(撮影・北村雅宏)
ポーズを決める阪神・馬場皐輔=大阪市内のホテル(撮影・北村雅宏)
投球しぐさをする阪神・高橋遥人=大阪市内のホテル(撮影・北村雅宏)
3枚3枚

 阪神は4日、大阪市内のホテルで新人7選手の入団発表会見を行った。同時に背番号が発表され、ドラフト1位の馬場皐輔投手(22)=仙台大=が「18」、同2位の高橋遥人投手(22)=亜大=は「29」、同4位の島田海吏外野手(21)=上武大=は「53」に決まった。

 18番は創生期のエース・若林忠志氏や、安仁屋宗八氏(デイリースポーツ評論家)、直近では藤川球児らも付けた伝統ある番号。29は2003年、05年のリーグ優勝に貢献した井川慶が背負っていた。また、53はOBの赤星憲広氏が01年の入団から9年間、背負い、14年途中から入団した建山義紀氏が着けるまで、長く準欠番扱いだった。

 いずれも阪神の歴史を彩ってきた、伝統ある背番号。新人選手に寄せられる期待の高さがうかがえる。

 また、同3位の熊谷敬宥内野手(21)=立大=は「4」。同5位の谷川昌希投手(25)=九州三菱自動車=は「34」、同6位指名された牧丈一郎投手(18)=啓新=は「66」、育成ドラフト1位の石井将希投手(22)=上武大=は「121」に決まった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス