文字サイズ

【新井・一問一答3】印象残った試合は「やっぱり昨日」ファン声援に感謝

笑顔で引退会見する阪神・新井良太=阪神球団事務所(撮影・飯室逸平)
1枚拡大

 阪神の新井良太内野手(34)が11日、兵庫県・西宮市内の球団事務所で引退会見を行った。涙はなく、スッキリとした表情で約20分間、監督、コーチ、スタッフ、選手やファンに向けた感謝を口にした。

 【以下、一問一答】

 -金本監督の反応は。

 「そうか、分かったという感じだったです。でも、たくさん言葉はなかったですけど、雰囲気で感じ取って。言葉以上のものを感じるものがありました」

 -プレーで印象に残っているシーンは。

 「サヨナラ安打、本塁打もすごく印象的ですし。兄とアベックホームランも印象的ですけど。やっぱり昨日の試合が一番ですね」

 -温かいファンの声援も印象的だった。

 「あれだけ大声で『良太、良太』と呼んで下さって。本当に選手冥利に尽きます。温かさしか感じませんでした」

 -阪神でプレーした期間の印象は。

 「つらいこと、苦しいことがほとんどでしたけど。やっぱり甲子園でプレーできること、大歓声の中でお立ち台に立てること。そのことを励みに頑張ってこれたし、それがあったから頑張れました」

 -チームメートと共に戦った。

 「監督、コーチ、裏方さん、チームスタッフの皆さん、先輩、かわいい後輩たち。本当によくしてもらって、こんなによくしてもらっていいのかな、というくらいお世話になった7年間でした」

 -昨日はいろいろ声を掛けてもらった。

 「守備に就く前に鳥谷さんが『キャッチボールやろうぜ』って言ってくれて。鳥谷さんから言ってくれて。一番お世話になった方だったので。後輩は、僕が涙をこらえるのを、気まずそうに見ていました。話し掛けていいのかなって(笑)」

 -チームの中でも声を出して、元気を出してくれる印象がファンの方にもあった。

 「へたくそで不器用で、それだけでやってきたので。そのプレースタイルはね、最後まで貫けたんじゃないかなと思います」

 -片岡コーチも「良太の声が戦力」と。

 「声とかね、気持ちとかで結果が出るほど、プロ野球選手は甘くはないと分かっていますけど。それがないと、戦うことはできないと、自分は思っているので。最後までやり抜きました」

 -一夜明けて改めて、プロ野球生活を振り返る時間はあったか。

 「本当にスッキリしています。みなさんのおかげさまで、最高の思い出になりました。スッキリしています」

 -今後は。

 「本当、まだ何も決まってないので。ゆっくり考えたいと思います」

 -野球から離れる。

 「それはやっぱり、さみしさはあります」

 -ファンのみなさんに。

 「12年間、ドラゴンズで5年、阪神で7年。こんな僕を、たくさん応援していただいて、励ましていただいて。本当にありがとうございました。最高の12年間を、みなさんのおかげで送ることができました。ありがとうございました」

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス