文字サイズ

2000安打記念して「鳥谷敬デー」開催 藤田平氏から記念品贈呈

2000本安打を達成し、本紙野球評論家・藤田平氏から表彰される阪神・鳥谷敬=甲子園(撮影・北村雅宏)
3枚

 「阪神-巨人」(20日、甲子園球場)

 阪神の鳥谷敬内野手(36)が今月8日に達成した、2000安打を記念して鳥谷敬デーが開催。試合前には、デイリースポーツ評論家の藤田平氏がプレゼンターを務め、記念写真プラークなどが贈られた。

 試合前の大型ビジョンには、初安打から2000安打まで節目の映像が流れた。その後、鳥谷の登場曲が流れると、小走りで壇上へ。駆けつけた観衆からは大きな拍手が起こった。藤田氏から記念写真プラーク、ファンからは花束が贈られた。

 藤田氏はセレモニー後、「34年ぶりですよね。長かったなって感じです」と振り返った。また「選球眼がある。あれだけの武器があるんだから、首位打者とってほしい、チャンスもあると思う」とさらなる飛躍を願っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス