文字サイズ

阪神 俊介が負傷交代、スイングしながら右肩付近に投球受ける

延長10回、スイング時、手首付近にボールが当たる阪神・俊介=甲子園(撮影・北村雅宏)
10回、負傷しその場に倒れ込む阪神・俊介=甲子園
延長10回、手首付近にボールが当たり、痛がる阪神・俊介=甲子園(撮影・北村雅宏)
3枚3枚

 「阪神-巨人」(14日、甲子園球場)

 阪神・俊介が延長十回の第5打席で、投球を右肩付近に受けて負傷交代した。1死一塁の場面で打席に立った俊介は、カミネロの顔面付近にきた直球をよけながらスイングしにいった。

 球は右肩付近を直撃した後、三塁方向へ転がったが空振りの判定。俊介はその場で倒れ込んだ。代打を送られベンチへ下がると、試合途中で球団広報に付き添われながらクラブハウスへ向かった。右肩にアイシングを施しながら、下を向き無言で報道陣の前を通り過ぎた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス